スーパーで憧れの彼と遭遇→その後ろから両手の袋を重そうに運ぶ彼の母親を見た瞬間…